EDGE DiaryTOPABOUTLINKLINK
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Heavy Rain - クリア後の感想 その3
これで〆。
ここから先はネタバレを含みます

これまではベタ褒でしたが、今回は少し残念だった部分を。どうしても気に入らなかった部分を2点ありました。そこを詳しく突っ込んでいきます。多数のバグがありましたが、そこは近いうちに解消されるようなので省きます。


リプレイ性が薄い

プレイヤーの選択次第でシナリオが分岐する、というのがウリでした。しかし、これは間違い。正しくは、プレイヤーの選択次第で結末が分岐する、です。

証拠を掴もうが見逃そうが、試練を乗り越えようが失敗しようが、主人公が死のうが生きようが、物語全体の流れはそれほど変わりません。例えば主人公の一人が死亡したとして、その場合は他の主人公に影響が出てくるかと言うとそうではなく、彼 or 彼女が居なくとも、生存していた時と同じようにシナリオは進みます。単純に死んだ人間のエピソードが空白になるだけ。

もちろん多少は影響がでますが、プレイヤーがゲームに介入できる様々な選択肢やQTEの成功/失敗はシナリオに影響するというよりトロフィー獲得に影響する場合が多いです

プレイヤーの選択が影響を受けるのは結末。些細な行動から大胆な行動まで、全ては結末に集約されています。
なので、二周目以降で初回と違った選択をしたとしても、結末以外は同じような展開を見させられます。

初回プレイで色々と失敗して空白のエピソードを作ってしまった。それを二週目で補完しながらハッピーエンドを目指す、という場合なら意欲も沸いてきそうですが、もし一番最初にハッピーエンドを見てしまったら悲惨(私の事)。
後はひたすら同じ展開を見て、悪い結末だけを回収していくだけの作業になります。

じゃあどうすれば良かったのかと言われると言葉が詰まりますが、単純なgood、badで結末を分けるだけじゃなくて、途中の展開から本筋を大きく分岐して欲しかった。


語られない闇

もう一つの残念は重要事項が語られないという点。

おそらくクリアした人は誰しも思うでしょうが、最後の最後まで主人公達の闇の部分に触れられてないんですよ。イーサンの記憶障害、マディソンの不眠症、ノーマンの薬物依存、スコットの本心。曖昧には語られるんですが、どうも不鮮明すぎてスッキリしない。
なんたって犯人の動機すら曖昧にしか語られてなんですから

色んな結末を見てプレイヤーが少しずつ闇の部分を補完していく、そういう流れだったらリプレイ性もあって最高だったんですが。
どういう形にしても、ココは絶対本編に入れるべきだった。

なんて事を思ってたら、DLCとして配信するとアナウンスがあった事を思い出しました。元々2月中に配信予定だったみたいなんで、最初から作ってたんでしょうね。このDLCが有料配信だったら失望します。EAや2K Games、バンナムといい勝負ですよ。無料でも中古対策丸見えなんで、どっちにしろ嫌ですが。


まとめ

初回プレイは良かった。シナリオのドキドキ感もゲーム性も新鮮でした。

でも、種が割れるとゲームを起動する気にもなれない。手に汗握る選択が、実は大した意味が無かったと知れば気持ちも冷めます。

一応フォローしとくと、私はそれ程ゲームをやり込んだわけではありません。サラっとプレイしただけ。あまりにも期待が大きくて、でも期待通りじゃなくて、それで愚痴っってるだけです。ここに書いてある事がまったく検討違いの可能性もありますし、やり込んだ末に辿り着く境地もあるかもしれません。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

PROFILE

Author: Shiraori

当ブログはEDGE introductionのDiaryコンテンツです。管理人のゲームの日記・雑記等を掲載しています。

PLAYING

Xbox360
Microsoft
発売日:2010-07-06

Xbox360/Playstation3
Rockstar Games
発売日:2010-05-18

NintendoDS
Capcom
発売日:2010-06-19

CATEGORY

TWITTER


Followはお気軽に

RSS


RSS購読

USTREAM


動画配信

NICONICO


動画置き場

BANNER

にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ


copyright 2008-2010 "EDGE Introduction" all rights reserved │ toplogin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。