EDGE DiaryTOPABOUTLINKLINK
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Heavy Rain - クリア後の感想 その1
Heavy Rainクリアしました。
ちょっとレビューを書くのが難しいタイトルだったので、ブログの方に簡単な感想を置いておきます。このゲーム最大の売りであるシナリオと、独特なゲーム性について感じた事を少し。

プロモーション用のキャッチコピーやらPVやらは『愛』を前面に押し出したヒューマンドラマのように扱っている節がありますが、実際はそうじゃないんです。
例えばイーサン・マーズは子供を誘拐された父親で、必死に息子を救おうとする。
この姿に感情移入してしまう人も多そうですし、私もプレイ中は辛かった。
ただ、そんな姿に対しても、『実は何かあるんじゃないの?』と不信感を抱いてしまう。

この不信感はどこから来るのか。
プレイヤーは実のところ主人公達についてあまり情報を持たされていないんですよ。
彼らに後ろ暗い影があるのは確かなんですが、それがはっきり見えてこない。
登場人物の大半はどこか狂っていて、全てが犯人候補に見えてくる。
コイツは絶対に無いな、と思っている人物でも怪しく見えてくる。
そうプレイヤーに思わせるように不信感を煽る演出もチラホラ見え隠れするんです。
そんな状況で、主人公ですら不鮮明なんですよ。
どんな献身的な姿でも、見たままを素直に受け入れるより疑ってかかってしまうのは当然の流れ。



疑って推理して、新たな展開をまた疑って推理して、最終的に結末に驚かされる。
この最初から最後までシナリオに振り回されっぱなしな感じがゲームを飽きさせません。
若干スロースターター気味の展開ですが、滑り出したら止まらない。
中だるみ一切無しで最後までドキドキしっぱなしでした。
ヒューマンドラマではなく、あくまでもサスペンス。
ここは強調しておきたいですね。

ゲーム性についても触れるとかなり長文になりそうなんで、また別の機会に書くことにします。
今回はここまで。

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
やっぱり発売日に買っておくべきでした。
プレイしてみたいんですが近所では品切れでして…。
周回プレイがめんどくさそうですがぜひ色々なエンディングを見てみたいですね♪
  • ナヴェ#-
  • URL
  • 2010.02.28(Sun)
  • Edit
店頭ではホントに見かけないですね。
ネット通販でたまに見かけるくらいです。

周回プレイの手間ですが、まさに面倒ですね…。
二週目に手が出ないです(´-`;)
  • shiraori#shWYgb3c
  • URL
  • 2010.02.28(Sun)
  • Edit

PROFILE

Author: Shiraori

当ブログはEDGE introductionのDiaryコンテンツです。管理人のゲームの日記・雑記等を掲載しています。

PLAYING

Xbox360
Microsoft
発売日:2010-07-06

Xbox360/Playstation3
Rockstar Games
発売日:2010-05-18

NintendoDS
Capcom
発売日:2010-06-19

CATEGORY

TWITTER


Followはお気軽に

RSS


RSS購読

USTREAM


動画配信

NICONICO


動画置き場

BANNER

にほんブログ村 ゲームブログへ
人気ブログランキングへ


copyright 2008-2010 "EDGE Introduction" all rights reserved │ toplogin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。